気づけば14年も7割弱が終了
いやはや、こちらではすっかりご無沙汰しておりました。
展覧会が終わったあとばったばったしておったもので……現在はおかげさまで少し落ち着いております。

近況報告しますと、7月まであれこれと慌ただしい日々で、8月から帰省してお盆休みをしておりました。
ちょうど頭に胸オペの続きをしたので、傷の回復も兼ねてだらだら休暇モード。
先週末に京都に戻ってきて、今週からまたぼちぼち制作したり勉強したりしはじめました。

今月に入ってから、オペしたり、英語の勉強のために語学勉強のSNSに登録してみたり、台風直撃でぐったりしてたり、ついったのフォロワさんらと遊んだり、甲状腺機能の亢進が発覚したり、映画3本観に行ったり、友人らと浴衣で遊びに行ったり、半年ぶりに医者から禁酒解除OKもらえたり、妖怪ウォッチにはまったり、一昨年巾着田でお迎えした曼珠沙華の芽が出てきたり……と、のんびりしてたけどなんかいろいろ濃かったなぁという心地です。
なんだかんだで毎月濃い気もしますが、思った以上にばたんきゅーとならずに済みました。
これから慌ただしい日々が再開するのですが、少し気温のほうも落ち着いてきましたし気持ちだけでも平穏に暮らします。
今年は台風どうかねぇ、少ないと助かるんだが。
| comments(0) | trackbacks(0) | 雑記 |
展覧会れびゅー
先月下旬から開催していた展覧会ですが、無事お開きとなりました。
多くの方に来ていただけて本当に嬉しかったです、ありがとうございました。
芳名帳に書いていただいたコメントもすべて拝読しました、これを励みにこれからもがんばります。

恐縮なことに「タイミング合わない!」「京都遠いわ!」とのお声もいただきましたので、簡単ではありますが写真をお見せしようと思います。
照明とかの関係でびみょーに映り悪かったり反射光があったりしますがごめんなさい。



店内はこんな感じ、ソファ席。


もういっちょ、こっちはテーブル席。


今回は、コピック画と小説を組み合わせた作品を展示してみました。
絵だけの展示と比べて、どう配置するのかとか、そもそもその組み合わせで展示できるんかとか、いろいろ考えないといけないことが多くなりますが、個人的にはうまくいったんじゃないかと思ってます。



B5サイズの小さい作品、額はB4より少し大きいぐらい。
横の小説はA3サイズ。


一番好評ぽかった作品(ものの見事に反射光どーん)


絵だけの作品もふたつ。


どこで展示するのでも一緒ですが、自分の作品がその空間に合っているかってのがすごく難しいところで。
これが、個展ではなく二人展やグループ展になると、他の方の作品と喧嘩しないかの加わるのでさらに大変。
今回タッグを組ませてもらった日本画描きさんの作品と私の作品と、全然毛色が違うので喧嘩しないかどきどきしてましたが、いざ展示してみると想像以上にまとまっていて良い感じでした。
あと、展示させていただいたれあたさんの店内の雰囲気とも合っていたので、搬入が終わったときは「あーよかった、良い感じにまとまった」と正直ほっとしたが勝ってました。

芳名帳に書き込んでいただいたり、ついったやメールや口頭で直接知らせてくれたりした、コメントを読んで、やーほんとに何というか言葉にならない感覚でした。
得たものがすごく多かった、作家やっててよかった。

また、機会を見つけて、どこかで展示やりたいなぁと思います。
次は個展にチャレンジかな。
あと物販もね、前々から「漫画なり小説なり、お前はいい加減に本作れ」とお言葉をいただいてますので、何とか形にしたいと考えてます。

本当に多くの方に支えられました、ありがとうございました。
またどこかでお目にかかりませう。
| comments(0) | trackbacks(0) | 雑記 |
展覧会のお知らせ
ついったでも簡単に触れましたが、完全に直前報告というか事後報告ではありますが……すいません。
現在、京都精華大学の学生食堂れあたにて日本画描きの方と二人展をしております。
精華の学生さん以外の方も入れます、定食などの食事やパフェやワッフルといったスイーツもあります。
DMもチラシも、もっというと展覧会名もない小さな展示ですが、よければ食事やお茶がてら遊びに来てください。


■会期
6月15日ぐらいまで

■アクセス
京都精華大学 学生食堂れあた
京都市左京区岩倉木野町137(叡山電車「京都精華大前駅」下車すぐ)
*市営地下鉄の場合は「国際会館駅」下車、3番出口右手よりスクールバスが出ています。


■営業時間
11:00〜21:00(不定休)
*土日もたぶん14時頃までやってます。

■お願い
食堂ですので、お手数ですが入店の際はワンオーダーお願いします。
入口が急な階段のため車椅子などでの入店はできません、ごめんなさい。
私の作品に関しては、写真撮影していただいて構いませんが、額が落ちると凶器にしかならないのでお触りはごめんなさい。


初めての二人展でどきどきしておりますが、自画自賛ながら良い展示になったのではないかと感じています。
ちなみに、今回は「岡谷勇保」ではなく「やこ」名義で展示しておりますが、描いてるものや作ってるものはいつものとおりです。
タッグを組ませていただいた日本画描きさんの作品も見応え充分です。
ぜひ、お誘い合わせのうえ、ご来店いただければ幸せの極みです。
| comments(0) | trackbacks(0) | お知らせ |
卯月の暮れに
さてさて、ずいぶんと放ったらかしにしてしまいました。
すっかり春も通り越して夏の気分になってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

ざっくり近況報告しますと、2月は体調崩してぐったりしており、3月は胸オペ手術と術後回復でぐったりしておりました。
結局ぐったり三昧でしたが、この時期は毎年そうなので気にしません。
4月に入ってからは、まだ躯が完全には戻ってませんがぼちぼち制作など再開しております。
あと、術後回復生活の影響で良い具合に早寝早起き習慣ができまして、そろそろお布団に入るところです。
ただ、ぼちぼち疲れが出始めており、強烈な肌荒れも一向に治らないので、ドーピングしつつなんとかがんばります。

今年の目標はがっつりぶっ倒れないことです、あと来年頭にでっかいイベントがあるのでそれに向けて準備を進める感じです。
そのためにもちょこちょこ回復させていこうね、早め早めにいろいろやっとこうね、とカウンセラーと相談しつつ生きてます。
あと今年こそ漫画描きます、いい加減やります、有言不実行から卒業します。

いろいろ語りたいことや書きたいこともあるんですが、何だかんだでついったでだらだら流しております。
やりたいことが多いのは良いことです、するだけの体力気力がないのが痛いですが徐々にやっていきませう。
4月入って心機一転と駆け出した矢先に指切って縫うというアクシデントもありましたが、まぁ急ぎすぎずにのんびりがんばります、せめて気持ちだけでものんびりします。
| comments(0) | trackbacks(0) | 雑記 |
ピル服用中の不正出血における一例
ここのところちょくちょく見かけるピルに関するニュース。
私も以前はお世話になってましたし正しく使えれば便利なものですが、躯に合う合わないがあったり血栓症なんかのリスクがあったりしますから、いろんなところで喚起されてるようにこまめに診察を受けたり体調など観察しながら使ってみてください。

さて、私の周りでもピル始めたよーという方がちらほらおられるので、ひとつ婦人科の先生から仕入れた情報をば。
ピル服用中に不正出血が起こったことがありまして、その際に教わった話を今日は書いてみます。
生理じゃないのに血が出ると普段でもあわあわしてしまうのに、ピル飲んでると尚更なんでやねんと余計にわたわたしてしまいそうですが、ホルモン量の関係でそういうことがあるようです。
(なお、私が飲んでいたのはヤーズというピルで、主に月経困難症なんかに処方されるものです。それをベースに話しを進めるので、他のピルには当てはまらない場合もたぶんあります)


まず、ピルの役割というのはざっくり言うとホルモンの補充みたいなもので、飲むことによって躯に一定量のホルモンを与えます。
仮にこの量を20としましょう。
ひとつの錠剤に同じだけ入っているので、休薬中以外は毎日20のホルモンを躯に取り入れているわけです。
そしてもちろん、一方で躯も毎日ホルモンをせっせと作っています。
この、外から取り入れる量と体内で作られる量とを合わせて、全体で丁度良いバランスになる(=生理が毎回きちんと来る、出血量が安定する、など)ように調節する役割をピルは持っているんですね。

ところが、この「躯で作られるホルモン量」というのがちと厄介で。
ピルはひとつの錠剤に同じだけホルモンが入っていますが、躯が作るホルモンの量はもちろん一定ではありません。
体調なんかによって増えたり減ったりするものです。
つまり、ピルで補充する量は一定でも、躯で作る量はその時々で変化するので、全体量としてもその時々で変化します。
ピル(一定)+体内(その時々で変化)=全体量 とすると

20+40=60(少ない)
20+80=100(丁度)
20+110=130(多い)

のように、ホルモン量が全体としては多くなったり少なくなったりするのです。
丁度良いバランスではなくなる感じですかね。
この60であったり130であったりする際に、いわゆる不正出血なんかが起こったりするようです。


私の場合は主に不正出血がたまーにあったぐらいですけど、場合によったら生理の始まりが早くなったり遅くなったりということに繋がるかもしれません。
あと、出血量が多くなったり少なくなったり、生理痛も酷くなったり、いろいろあるかもしれません。
そういったときはこまめに担当医に相談して、違うものに変えてみるか、検査をしてみるか、思い切ってやめてみるか、このまま続けて様子を見てみるか、その時々で考えてみてください。
婦人科によっては予約してるのに何時間も待たされることもありますし、診察めんどくさいなぁと思うことも多いでしょうが、意外と順調なときほど診察が大事だったりします(油断しちゃうので)


最初にも書きましたが、私はヤーズを使っていたので他のピルには当てはまらないこともたぶんありますし、もっと言うと同じヤーズユーザーでも当てはまらないこともたぶんあります。
ひとつの参考として読んでいただければ嬉しいです。
| comments(0) | trackbacks(0) | 雑記 |
(C) Yako Okaya All Rights Reserved.