ひな祭りのためのお噺 #02
今日は寿司にしないか? というコウヤの提案に了承の意を伝えると、早速嬉しそうに電話をかけ始めた。
チラシを見ながら電話しているのを見て、近くの寿司屋に出前を頼むのだとわかった。
そういえば今日は夜は急激に冷え込むとの予報だったな、とぼんやり思い出す。
加えて、コウヤの体調もここのところ良くない。
外食に出るより、出前を取るほうがいいだろう。

「じゃあ、ひな祭り特撰セット二人前で! よろしくお願いしまーす!」

そう言って電話を切り、にこにこと嬉しそうな表情でこちらを見るコウヤに、思ったことをそのまま言葉にした。

「ひな祭りセット?」
「うん! 見てこれ!」

満面の笑みでチラシを手渡してくる。
そこには「ひな祭り特撰セット」という文字が添えられた、手鞠寿司の盛り合わせの写真が大きく載っていた。
どうやら、はまぐりのお吸い物もついてくるらしい。

「あーこれか」
「かわええやろそれ!」
「ほぉ……この内裏雛みたいなん、かわええなこれ」
「せやろ! これ頼んだ!」
「うん、聞こえてた」

男二人でひな祭りはどうなのか、という考えには及ばない。
この男の思考回路を理解しているからである。

「さすがにもう言わんくなったな」
「何が?」
「男二人でひな祭りぃ? とか」
「お前との付き合いも長いですからねー」

イベントは主に愉しむためにある。
「何かを愉しむ」のに性差は必要ない。
簡単に言うと、そういうことである。

「しかしまた、手の込んだ商品やな、これ」

寿司の握りかたに関しては無知だが、写真を見る限り、相当手間のかかりそうな盛りつけである。
宅配の過程で酢飯の上のイクラが落ちやしないか、はまぐりのお吸い物がこぼれやしないか、などと余計な心配をしてしまう。

「せやんねー。着物着せんのとかイクラ乗せんのとか大変そう、持ってくる途中で崩れそうやし」
「俺と同じこと思てる」
「さっすが親父、相思相愛ですなー」

嬉しそうにコウヤが抱きついてくる、というかのしかかってくる。

「ちなみに、菱餅と引千切は昼間に買うてきました!」
「愉しむ気満々やな」

ちなみに、桃の花まで買ってきている。
満面の笑みで買い物から帰ってきたコウヤを見た瞬間に、去年の七夕や菊の節句のことを思い出した。

「あ、白酒買うてくんの忘れた!」
「日本酒あんねんからそれでええやん、寒いから燗して」
「うぅぅ……なんかもったいない」
「今から買いに行くのめんどいやろ。また明日でもスーパー行って、残ってたら買うたらええやん」
「……そですな」

少ししょんぼりするコウヤの頭を撫でる。
この男の思考は、柔軟なようでまだまだ硬い。
そう思う自分の思考も、柔軟だとは思えないが。

「イベント愉しむのに性別関係ないけど、日時も関係ないことないか?」
「ほえ?」
「そら、ライブとかパレードとか当日しか楽しまれへんもんもあるやろうけど。クリスマス終わってから半額のケーキ買うて喰うたってええんやし、こないだも半額のバレンタインチョコ買うてきて喰ってたやん」
「あー……うん」
「六日の菖蒲、十日の菊……でもええんちゃうん?」
「……そっか、そだよね」
「じゃあ、白酒は明日以降にするとして、今日はひな祭りで一杯やりましょか」
「おっしゃ、飲もうぜ!」

そうやって、元気よく立ち上がるのかと思ったら、尚更強く抱き締めてきた。
それに答えるように、苦しいとぼやきながらもコウヤの躯を抱き締め返す。

ジェンダーやセクシャリティが人それぞれのように、何かの愉しみかたもまた人それぞれである。
| comments(0) | trackbacks(0) | 描きモノ |
ひな祭りのためのお噺 #01
ショウコが初潮を迎えたのは、偶然にも3月3日だった。
その日の昼過ぎ、ショウコの叫び声が家に響き渡ったのを、今でも憶えている。
日曜日だったので、家族全員が家にいて、パパもママも二人なりに必死でショウコを慰めた。
それでも、ショウコは初潮を迎えたショックで、ただただ泣き叫んだ。

近所に住むお兄さんが、性別や性のことについてすごく詳しくて、何度も相談に乗ってもらった。
近いうちに二次性徴が訪れることも、それに対する心構えや対策も、たくさん教えてもらった。
それでも、ショウコには生理が来た事実が耐えられなかった。
塞ぎ込んで、学校もしばらく休んだし、毎日泣いていた。

あまりに落ち込んだショウコを見ているのがつらくて、お兄さんの処へ連れて行った。
お兄さんはいつものようにお茶とお菓子を用意してくれて、いつもの調子でショウコに言った。

「それはな、胸出てきたときも言うたが、お前が女になったってわけやなくて、お前の躯が成長し始めたってだけでな。んで、お前の場合、躯がたまたま雌やったってだけでな…………泣くほどつらいのとか、来んといてほしくなかったとか、ってのはわかるけども」
「そんなの、わかってるよ…………でも……でも…………」
「極端に痩せたら生理止まるって前教えたけど、そうやって生理止めようなんて思いなや。それで健康損ねて倒れでもしたら元も子もないで」
「わかってるよ! わかってる、っ、けど…………っ!」

お兄さんは、いつでも健康が第一と言う。
それは、お兄さんの躯が弱くて、健康の大切さを人一倍理解しているからだと思う。
そして、躯の健康だけじゃなくて、心の健康の大切さも人一倍理解している。

「……今は何にも考えなさんな。しんどいときはだれてぼーっとしてるに限る、落ち着いてから考えたらいい」

ショウコはずっと泣いていた。
苦痛や、悔しさや、いろいろ混ざってたんだと思う。

「ただ、そのしんどさとか、悔しさとか、そういうのはちゃんと受け入れたり」
「っ、く…………ぅ……」
「それを押さえ込こもうとしたらあかん。嫌なことは嫌でええねん、そう考えるのは悪いことちゃう。お前が『生理つらい、なんで生理なんか来んねん』って思うことを我慢する必要はない。生理が来ることも、それがつらくてしゃーないことも、ちゃんと受け止めたり。でないと、自分で自分を否定することになって、余計つらなる」
「うん…………っ……」
「お前はまだ小学生やから、できることも限られてくる。自分にできることの中で、できることをしていったらええ。おれに愚痴りに来るとか、『雌やからしゃーない』って開き直るとか。すぐにはできひんかもやけど、ゆっくり時間かけて考えて、できることをひとつずつしていき。ゲームで言うところの稼ぎやレベル上げの時期や、今のお前は」
「っ、ぅん…………!」

そのやりとりを見ていて、自分にもいつかこんな日が来るんだろうなと思っていた。
身長が急に伸びたり、髭が生えてきたり、声変わりしたり、夢精なんかもするかもしれなかったり。
その度に、自分もこういう風に泣いて苦しむんだろうなと、ひっそりと思っていた。
ショウコがこうして苦しんでるように。

「まぁでも、お前も成長したやん」

ふと、お兄さんが笑って言った。

「胸出てきて愚痴りに来たときは『お前になにがわかんねん』とか言うてたくせに、今回いっこも言わんな。レベルアップしたやん」
「だって、っ…………お兄さん、は、男だから、っ……わかるわけないし」
「せや、おれは雄やから生理のつらさなんか知らんし、FtMの生理のつらさなんかよけ知らん。雄である以上、生理のつらさを理解するなんてことはできひん」
「っ……うん…………」
「もっと言うと、おれはお前やないから、お前のつらさはおれにはわからんし、ショウゴにもわからん。お前のつらさはお前にしかわからん。同じFtMでも、同じ生理でも、つらさや苦しみってのは他人と比べられるもんじゃない」
「ぅ、ん…………っ……」
「でも、お前がそれでめっちゃ苦しんでるってのは、おれなりにやけど理解してるよ」

空になった湯飲みにお茶を入れてくれながら、お兄さんは言葉を続けた。

「おれかてそうや、自分にできることしかできへん。ショウゴだってそうやし、人間誰でもそう」
「そうだね」
「ショウゴも、つらいことや悔しいこと、これからたくさん来ると思う。今以上に」
「……うん」
「そんときも、今のショウコみたいに、ゆっくりでいいから、自分を受け入れて、自分にできることをひとつずつしていき」
「うん、ありがとう」
「まぁ、何かあったらまたおいで。話聴くぐらいならできるから」
「っ、うん、ありがと…………」

お兄さんの言葉は、時々胸にぐさりと刺さることがある。
「小学生扱いはするけども、子ども扱いはしない」と前に言っていた、そういう姿勢から来るものなのかもしれない。
それはお兄さんの優しさでもあり、お兄さんにできることなんだなと、今は自分なりに理解している。
きっと、ショウコも同じだと思う。

「て、たまるか…………」
「え?」
「生理なんかに、負けてたまるか、っ…………!」

帰り道で、そう泣きながら呟いたショウコは、いつもの負けず嫌いなショウコに戻っていた。


* * *


あれから二年が経った。
今、夕食後のデザートを巡って、ショウコと喧嘩している。

「最後の一個はショウゴのだもん!」
「だからジャンケンで決めようって言ってんじゃん!」
「今日はひな祭りなんだから、ショウゴに譲ってよー!」
「じゃあ今日だけ女になるもーん! 戸籍は女だもんねー!」
「なにそれずるい!」

ママがひな祭りにと手鞠ケーキを買ってきてくれたのだが、テーブルに登場した箱には五個入っていて、四人で分けるには数が合わなかった。
残りのひとつを巡って、互いに一歩も譲らずバチバチと火花を散らしていると、台所からやってきたママがひょいとケーキを摘んだ。

「喧嘩するなら、ママが食べちゃおっかなー」
「えー!?」

綺麗に声がハモった。

「ママだって女の子だもーん。それに五個入りって気付かずに買ってきちゃったのママだし、その責任取らないと」
「なにそれずるい!!」

また綺麗にハモった。
それを聞いてか、リビングでニュースを見ていたパパが笑った。

自分と向き合って、生理というひとつの壁を乗り越えて、自分にできることを少しずつしていくショウコを見ながら、自分もこれからやってくるいろんな壁をひとつずつ乗り越えられる気がすると、今は感じている。
| comments(0) | trackbacks(0) | 描きモノ |
こたつ


おそらく今後もこたつ導入はないかなと思うのですが、想像するならただということで。
こんなアトリエもいいかなぁと。
こたつに入って、私もアシスタントも皆で作業。
「いさぽん、ここどこまでベタだっけ?」
「あーここここ、んでこっから抜いて」
みたいな。

しかし、先日友人が「天板叩いたらカホンみたいな音がなるこたつとかないかな」とか呟いてて、そんなのあったら即導入ですね。
たんたたたんたんたかたかたんたんったったたたんったたたたったかたかたか「おいこら遊んでんとはよペン入れせんかお前は!!」
みたいな。

どちらも愉しそうです。
| comments(0) | trackbacks(0) | 描きモノ |
冬の制作現場


そろそろ寒くなってきて、人一倍寒がりの私はせっせと着込んで、暖房や加湿器のお世話になって、ほかほか制作しております。
実際にこれだけ着てます、いまもこの状態です。
1月や2月に入って極寒になると、これにヒートテックを着込みます。
我が家にこたつはありませんが、自身がこたつと化します。

去年から部屋着用にヒートテックのレッグウォーマーと毛糸パンツを導入したのですが、これがびっくりするほどあったかい。
一枚あるのとないのとでは全然違う。
いやぁ毛糸パンツ恐るべし。
| comments(0) | trackbacks(0) | 描きモノ |
関パレへの想い


関西レインボーパレード、私は今年も不参加でした。
今年は忙しすぎてそれどころではなかったというのも大きいのですが、一番気がかりなのがやはり体調で。
途中で倒れたりしたら大変だし、かといってリタイアも寂しいしな……とうじうじしてる状態です。

でも来年は参加したいなぁ。
参加するために友人が家に泊まりにきて、より身近に感じられたというか。
来年までに体力つけよう、厳しいようなら沿道から参加したいな。
来年こそ。

参加できなかったので絵を描いて気分だけでも。
レインボーフラッグにちなんで6色濃淡の12色で塗ってます。
どこにどの色を置くか、これも頭の体操になっていい。
| comments(0) | trackbacks(0) | 描きモノ |
(C) Yako Okaya All Rights Reserved.